さゆらもゆらに水晶虹彩

時間と空間のむこうがわ……夢うつつのはざまに揺れて透かし見える水晶虹彩のものがたりをつむぎます。

スポンサーサイト

Posted by 水市夢の on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六条御息所の魂

Posted by 水市夢の on   0 comments   0 trackback

    六条御息所の魂

 光源氏をめぐるあまたの女人のなかで、六条御息所は、よかれあしかれ際立った生彩を放っています。とはいえ、年下の源氏に執心し、生霊、さらには死霊となってまで彼につきまとう彼女を、ごくおだやかな意味合いで好ましく思うのはむつかしいかもしれません。
 いっぽうで、実家や男の庇護に依存した生きかたをせざるをえない源氏物語の繊弱な貴婦人群のなかでは、未亡人でありながら、みごとに経済的に自立しつつ、その才覚とは裏腹に、愛欲の面できれいごとでない本能のくらさをくまなく晒してしまう彼女に、好き嫌いは別として、直接的な感情移入が生じてしまうのも確かです。
 御息所のような美貌のマダム、あるいはキャリアウーマンタイプの女性を、わたくしは、たとえば、三島由紀夫の作品のなかに、連想します。うろおぼえですが、『近代能楽集』『美青年』『豊穣の海/暁の寺・天人五衰』などに描かれた誰それ……。
 三島由紀夫は、女々しい女性よりは、むしろ自我のはっきりとした母性的でおおらかな女性を、好んでいたのではないか、とわたくしは思ったものでした。
 

  露ながら光に沁むる夕顔の
     閨の奥処(おくが)に残す吐息よ
 

 六条御息所は「夕顔」巻で登場します。名門に生まれ、美貌で聞こえた教養高い女性であるにもかかわらず、若い源氏の心は、はやくもこのひとから離れかけているという次第が、素性の知れない街の女夕顔との情事と平行して語られます。
 おっとりと可憐な夕顔に、光源氏は理性を失って溺れてしまう。この巻に、御息所の直接の描写は多くないのですが、源氏と夕顔との情景を読んでいくと、しぜんに、夕顔の人となりとは対照的な御息所の姿が浮かんでくるのです。読者の心理を知りぬいたこうした機微、紫式部の天才的な表現力におどろくばかりです。
 「葵」巻で、御息所はさらに鮮明な印象を刻みます。葵祭の車争いで踏みにじられた自尊心と嫉妬から、生霊となって恋敵の葵の上を憑り殺し……という皆様ご存知のことと。
 わたくしは、この夕顔・葵の情景を古典朗読で何度か上演いたしました。よく知られている場面でもありますし、声の作り方も立体化しやすい劇的な光景だからです。こうした刺激の濃い叙述のときには、朗読の微妙な濃淡に、つとめて配慮いたしました。
 業ふかく、嫉妬やうらみに身を灼く女人であると同時に、高貴人(あてびと)としての誇りや反省、みずからの所業の浅ましさに涙する苦悩もまた、ただならなかったことでしょう。生霊登場の場面であっても、たんにおそろしい、強調した声音だけでは、このひとの,深い内面をつたえることはできない。この女人の愛や哀しみ、そして及ばずながら、気品をも表現できたらと。
 

  契りあればなほとどめえぬ息の緒を
      落ち髪に問ふ朝のはかなさ


 それぞれに才色備えた自分の恋人のなかで、六条御息所を源氏は、
「心ばせの、いと恥づかしく、よしありておはする……
 御気性がこちらが恥じ入るほどすぐれていて、深いたしなみをお持ちでいらっしゃる」
 と、男性から眺めた女性賛美としてはやや微妙な言い回しをし、ことに彼女の筆跡を「際こと……格別」であると、これは絶賛しました。
 男が愛撫し、情熱を傾けたくなる可憐な女人ではなく、また甘えて身を投げるというあたたかな母性とも違う……そんなニュアンスが、光源氏の言葉の端々からたちのぼってくるようです。
 そもそも若い源氏が、皇太子の未亡人御息所に関心を抱いたきっかけというのも、ふと手に入れた彼女の筆跡のすばらしさに感動してのことだったそうです。
 「梅枝」巻で、紫式部は、

 よろづのこと、むかしには劣りざまに、浅くなりゆく、世の末なれど、仮名のみなん、今の世は、いと、際なく、かしこくなりにたる……
(すべてのことが昔より衰えてゆく世の末だが、かな文字だけがこの現代でかぎりなく優れている)

 と仮名文字の水準の高さを誇っていますから、源氏の夫人たちも当然のように、とりどり達筆と造型された中で、さらに別格扱いされた六条御息所の手跡は、いったいどれほどの美しさだったのでしょう。
 紫式部の生きた時代は、藤原行成(ふじわらのこうぜい)が、後世神筆とあがめられる優美繊細な書を残して、現代の平仮名につながる世尊寺(せそんじ)流の源となり、紫式部自身もさだめて能筆であったようです。伝紫式部筆という手跡が現存していますが、まことにみごとです。
 ……わたくしは、源氏物語に登場する女人のなかで、最も深い愛欲に惑う御息所を、また並外れてみごとな書風のひとに造型した作者の意図を、浅からず思いめぐらします。


   時雨していや冷えびえと朱深む
     楓あかりに心(うら)吸はれつつ


 そのようなことを考え考えしながら、物語を読んでまいりますと、「絵合」巻の、
「筆とる道と、碁打つこととぞ、あやしう、魂のほど見ゆる」
 という言葉が目にとまります。
 ここでの「魂」という言葉は、「天分・才能」と一般には訳されるようですが、わたくしは「たましひ」という単語に、「葵」巻で生霊となって現れた御息所の歌、「空に乱るる我が魂(たま)を……」を想います。
 踏みつけにされた恨みと嫉妬に心の抑制を失い、肉体から遊離して葵の上に襲いかからずにはいられない魂……。時間的物理的な制約を凌ぎ、超現実の世界に飛躍するほどの激しい情念をも「たましひ」という言葉は含むものなのでした。
 興味深いことに、御息所からは遠く隔たった物語の後世、宇治十帖のヒロインのひとり、浮舟は名門美女そろいの源氏物語のなかでは劣った筋目の少女ですが、父八宮ゆずりの美形のほかには、貴婦人らしい素養も身につけず、筆跡も、恋人の貴公子薫の目からすると、まあ、なんとか見苦しくない程度……というかわいそうな彼女ながら、碁だけはたいそう上手であったと描かれています。そこにも、作者のたくらみがこめられているのだろうと思います。運命に流されてゆく浮舟……エゴイスティックな男たちの玩具になるばかりの窮地から脱出するために、宇治川に身を投げるという強行を果たしたかよわい彼女の外見には窺えぬ「たましひ」の強さが、そこにほのめかされているのかも。
 話をもとにもどしましょう。このような所感は、とりとめない連想にすぎません。
 葵の上の死後、御息所は源氏への未練を絶ち、「賢木」巻で、伊勢斎宮に立てられた娘に付き添って都を離れます。
 当時の通念としては女盛りを過ぎつつあった御息所は、たとえまた都にもどろうとも、この別れが男女の交わりの終わりになると自覚していたことでしょう。源氏も、むろん察していました。
 数年後、「澪標(みおつくし)」巻で帰京した御息所は、再び源氏と対面することなく、病を理由に尼となり、ほどなく亡くなりました。当時の尼僧は、すっかり剃髪してしまうのではなく、腰のあたりで髪を切りそろえ、これを尼削ぎと言いました。
 かつての愛人の病床を見舞った源氏が、物陰からそっと覗くと、

「心もとなきほどの火影に、御髪(みぐし)いとをかしげにはなやかに削ぎて、物に寄りゐたまへる、絵に描きたらむさま……
 ぼんやりした火影に、髪をたいそうくっきりと切りそろえて、物に寄りかかっている御様子は、絵に描いたようで……」

 という美しさに、心を動かされるのでした。
 愛の悩みを尽くして生きた御息所の早い晩年、女のいのちをかたどる黒髪を、絵のように「はなやかに削ぎて」という鮮明な視覚描写に、わたくしは御息所らしい美しさ」と、切実な心のありかたを感じます。
 髪の裾は、手入れを怠ればたやすく乱れてしまうもの。病身ではまして、普段よりしどけなくなるだろうのに、このひとは、張り詰めた心のまま、乱れを見せたがらない。
 その緩みのない、緊張した姿に、かつて理性の箍(たが)をはずれてあくがれ迷い、葵の上の産褥で焚かれた芥子の匂いを髪に沁みとおらせた生霊の無残な記憶、虚空に乱れ飛んだ己が魂への、ひそかな怯えまで推し量るのは……
 そしてまた、尼削ぎしても「いとをかしげ」たいそううつくしく揃うたというこのひとの髪は、病み疲れてもなお、つややかな豊かさを保っていたのでしょう。
 その黒髪に籠もる想いの深さゆえか、死後も救済には遠かった、とのちに。


  憂しや我眼蓋(まなぶた)重き長き夜の
      無明の闇に身を尽くしつゝ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。